カイロプラクティックで顎の動きを整える

もし少しでも当てはまることがあればトリニティカイロプラクティックがお役に立てます。

https://trinity-chiro.com/wp-content/uploads/2023/09/fukidasi1.png

✅「食事をするときに顎が痛い」

✅「顎が痛くて指二本分以上開かない」

✅「口を開けるたびに音が気になる」

✅「顎の筋肉が硬まって違和感がある」

✅「気が付くと体が丸まり頭が前に出てしまう」

✅「くせで頬杖をついてしまう」

✅「仕事中に無意識に噛みしめている」

顎の痛み/顎関節症の原因

原因の多くは、顎に力学的な負荷がかかる事です。

原因となりうる悪い習慣を一部紹介します。

①片方で噛む癖は、顎の筋肉が左右でアンバランスに発達し、顎が歪み関節への負荷が偏ります。

②柔らかいものばかり食べていると全体的に筋力が弱くなり、顎の発達も悪く、歯並びや咬合が悪くなり顎への負荷が強くなることもあります。

デスクワークに集中しすぎて③無意識に噛みしめ続けると顎の筋肉が固まってしまい顎がスムースに動かなくなります。このような状態で不意に大きく口を開けてあくびをすると筋損傷につながり顎の痛みになることがあります。

また、噛みしめるくせがあると、睡眠中も噛みしめるようになり、歯ぎしりや食いしばりが起こりやすくなります。食事の時以外で上の歯と下の歯が当たっている場合は注意が必要です。

④頬杖や、⑤うつ伏せで寝るときも顎に強い負荷がかかりやすいので注意が必要です。

顎に力学的な負荷がかかる悪い習慣が、筋肉や関節、関節円板(軟骨)を劣化・損傷させ、顎の痛みが起こります。

顎の痛みを解消するのに大切なのは、アジャストメント(矯正)をして顎の負荷を減らすことや、良い姿勢を取りやすくすること。そして、習慣が変えやすい状態を作る事です。

そして、意外かもしれませんが姿勢が悪いと顎への負荷が大きくなることがあります。

例えば、頭が前に出て、猫背で巻肩の姿勢は、顎の動きに影響を与え負荷がかかりやすくなります。デスクワークやスマートフォンを操作している時に取りがちな姿勢です。

悪い姿勢は顎の動きに影響するため、悪い習慣による顎への負荷を増やしてダメージになり症状を及ぼす可能性があるため、姿勢の改善が顎の症状にもプラスになります。

トリニティカイロプラクティックでは

①顎の痛みについて詳しくお伺いします。顎の動きや姿勢の検査を行いお体の状態を明らかにしていきます。

 

②顎の歪みに対して、アジャストメント(矯正)を行います。安心して施術が受けられるように痛みをお伺いしながら安全な方法で行います。痛みが強い場合は関連する顎以外の部位から施術を致します。

 

③背骨の歪みをアジャストメント(矯正)していきます。姿勢を良くすることで顎への負荷を減らします。

 

④腰部も同様に、歪みをアジャストメント(矯正)していきます。良い姿勢を取りやすくしていきます。

 

トリニティカイロプラクティックで顎の痛み/顎関節症の悩みを解消した方は

https://trinity-chiro.com/wp-content/uploads/2023/09/fukidasi2.png

✅「食事中に痛みがでなくなり、おいしく食べられるようになった」

✅「良い姿勢がとりやすくなり、身体を丸めたり頬杖をつくことがなくなった」

✅「顎を開けると毎回大きな音が鳴って気になっていたが、今はほとんど気にならない程度になった」

✅「以前は気が付くと噛みしめていることが多かったが、最近は噛みしめていない」

✅「もっと早くトリニティカイロプラクティックに通っていればよかった」

というお言葉を頂いています。

顎の症状は、関節だけでなく側頭部や首、肩、姿勢など連動して関わる部位が多くあります。

よくある対処にマウスピースや顎周りのマッサージがありますが、皆様お気づきのように、対症療法であるため効果が出ない方も多くいます。

トリニティカイロプラクティックでは、一般的な整体やマッサージと違い、WHO基準のカイロプラクターが担当し、症状のある部位だけでなく、連動する部位を含めた根本へのアプローチを行います。

どこにいってもよくならない顎の痛み、あきらめないで港北区・新横浜にあるトリニティカイロプラクティックへご相談ください!